メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

楽遊び台南,復古古き都市の心(台南の風景と美食)

更新しました:2019-07-19

724

紹介

台南の名所と美食はどこですか?

Happy  guyHappy  guy


台湾歴史を支える
安平古堡

場所 : 台南市安平区国勝路82号

       No.82, Guosheng Rd. Anping Dist., Tainan City

切符 : NTD 50

入場時間 : A.M. 08:30 - P.M. 05:30

  安平古堡は十七世紀の中頃にオランダ人立たれた重要な中心地、当時は熱蘭遮城(Fort Zeelandia、ゼーランディア城)と言いました。ここでは当時に統治台湾の戦争歴史跡を見られます。後から古跡を修復され、代表的な観光スポットになります。

安平古堡中央階段安平古堡中央階段

 

安平古堡はかつてオランダの重要な中心地、十年の経過で完成されました。ここは、1642~1661年間にオランダの植民統治中心地、清朝より台湾統治後、ここにも継続に全台湾の中心地として管理しました。安平古堡記念碑安平古堡記念碑

 

「安平古堡」という四つ大きな文字は石碑に刻まれて、いつも大勢なお客はあそこに並んで写真撮るに待っています。ここでは、安平古堡の一番いい写真を撮る場所は中央階段と記念記念碑ですね!安平古堡記念碑前安平古堡記念碑前

 

安平古堡の周りに清朝に使った大砲を展示されます。剥がれる塗装を見て過去の時代の流れを感じされました。

17世紀大砲17世紀大砲

 

台南海岸線は安平古堡に近い、周りは平地です。階段を登ると台南市を見られて、リラックスの感じですね。安平古堡全景安平古堡全景

 

ここで一つ周るとなぜオランダ人はここを重要な中心地にするのはお分かりでしょう。いまも安平古堡は台南重要なランドマークでしょう。安平古堡中央事務建築安平古堡中央事務建築

 

事務建築の中には展示場と記念品売店があります。ここにぶらぶらしたら、上にも上がって、そして後ろ門より出てもよいです。

後門への階段後門への階段展望台展望台

 

安平古堡の総面積は想像より大きくない、逆にいいでしょう!ゆっくりと隠れるあちこちの歴史跡を探索できます。

後門から臨んだ安平古堡後門から臨んだ安平古堡
 


各の童話の物語に木の部屋があるよう。
安平樹屋

営業時間 : 朝08:30 ~ 午後05:30

入場料金 : 50 TWD

場所 : 台南市安平区古堡街108号 (No.108, Gubao St. An-ping Dist. Tainan city)

ウェイブ : http://culture.tainan.gov.tw

安平樹屋は必ず見に行く台南のスポットの一つです。樹屋はその名の通り、木を被れた部屋です。昔では、安平樹屋は塩の貯蔵倉庫でした。建物の中にそして周りに緑豊かな木が一杯。ゆっくり見ないとわざと木の中に建物を建てると思思われてしまいますね。

安平樹屋入口安平樹屋入口

 

安平樹屋へ行く途中に19世紀未知らない書道家朱玖瑩紀念館と日治時代製塩産業の德記洋行を寄って通ります。入場券販売処入場券販売処

 

入場券売り処の前の家は書道家朱玖瑩紀念館、左側の白色二階別荘は德記洋行、二カ所とも今オープンして参観できる展示館です。

現地の方はこの安平樹屋元の跡の様子を維持する努力を感じされます。ここでは、樹屋中の看板や置物はちっとも合わないことがないです。安平樹屋內部(1)安平樹屋內部(1)

        

 安平樹屋に入ると殆どの人々はあまり喋らない、あちこち写真を撮ります。私にも遂にカメラのシャッターばっかりですね。あの壁に沿って成長している根、そして天井からぶら下げの枝、まるで映画のシーンにいるようです。

安平樹屋內部(2)安平樹屋內部(2)

あちこち家族や恋人など一緒に観光の方が色んなポーズして写真を撮っているとみられます。安平樹屋內部(3)安平樹屋內部(3)安平樹屋屋上安平樹屋屋上

 

あの一生懸命にレンガ天井に成長の枝と壁の蘚苔を見ると時間の流れは如何感じますね?安平樹屋後門壁(1)安平樹屋後門壁(1)安平樹屋後門壁(2)安平樹屋後門の壁(2)安平樹屋

一年中に安平樹屋の裏は光が当たらないので、年間涼しいそうです。台南は南部にあって、気温は台北より少し高い。ここでは、どこにも路線図が見られて観光客の樹屋ガイドを見るに便利です。安平樹屋

枝の隙間から通した日光、本当に快適です。暫く樹屋にいると木の陰の息が肌の上に飛んでいる感じは森林浴より快適でしょう?

 

樹屋に沿って歩いていくと後ろに一つ鉄製展望台があります。展望台の向こうに以前貿易繁盛に建てられた川ルートがありますが、いま、花草に被られ、当時の港施設が見られません。安平樹屋後門の展望台安平樹屋後門の展望台展望台から安平樹屋に臨む展望台から安平樹屋に臨む

 

安平樹屋後の庭には一軒の小木屋模樣のコーヒーショップがあって、入口は「樹屋咖啡」と書かれています。

樹屋咖啡樹屋咖啡

 

近付いてみると人々の手に一本のコンアイスクリームを持ています。ほとんど、みんな持っています。アイスクリームの味は二種類を選べます、一つNTD80元です。

樹屋咖啡 コーヒーミルクアイスクリーム樹屋咖啡 コーヒーミルクアイスクリーム樹屋咖啡メニュー樹屋咖啡メニュー

 

アイスクリーム以外のものはコーヒーショップの中にオーダー出来ます。コーヒー、お茶、そして色々な飲料、私、一目で台湾茶で作ったビールと注意しました。ここでは色々自家製麺ビールがあります。ちょっと苦いのにおすすめを貰いました。

樹屋咖啡自家製ビール樹屋咖啡自家製ビール

ひと口飲んだら、まさかアルコール度数9ですか?と顔が赤くなった!(飲酒写真載せないね!) 樹屋咖啡ビール種類樹屋咖啡ビール種類

店内には記念品コーナーがあって、飲みながら歩きます。

樹屋咖啡記念品コーナー樹屋咖啡記念品コーナー
 


台南最も早いマーケット
安平老街

 

安平老街(アンピンロウジェ)の名前は延平(エンピン)路のハーモニーからであります。安平老街は安平古堡と安平樹屋に近い、ですから、この三ヶ所を同じ日の日程にしました。

安平老街入口安平老街入口安平老街入口橫斷歩道安平老街入口橫斷歩道安平老街風景安平老街風景

 

安平老街には伝統な住宅が見られて、みんなこの老街の奥に入ってぶらぶらするのはお薦めです。

安平老街周り小町安平老街周り小町

 

非常に面白い安平老街です。あるタピオカ店がタピオカを煮る様子です。このようにタピオカ作りを外部の人に見せるのは、つまり、店は自分の飲料の原料と味は非常に自信がありますね?作り立てばっかり一番おいしいわ!煮たばっかりにも当然でしょう。一つコップを試し、本当に食感が他処のと違いね。手で煮るタピオカ手で煮るタピオカ

 

ほら!これらの巨大な玉子!鶏玉子でもない~ダチョウ玉子でもない!それはアヒル玉子と店が教えました。初めてですね、アヒル玉子。目視で約鶏玉子の4-5倍です。通った台湾人にもびっくりして、ちょっと大きすぎないと言われました。

鵝卵店鵝卵店

 

ちょっと好奇心で、一つ食べてみるか。味は鶏玉子とあまり変わらない。卵黄の味は鶏玉子より濃くない?でも、ボリュームが多い。私たち二人で努力して食べたが、最後に約1/4が残りました。もし蒸し玉子が好きなら、そして一生懸命に食べれば、食べきれます。蒸しアヒル卵蒸しアヒル卵

 

安平老街の豚肉脯(バーポー)の厚みから、普通との違います。食べてみたら、ここの肉脯は手作りハムの味がします。この特有な香りは加工品には比べられません。味は辛い、胡椒味など七つ味の肉脯を選べます。肉脯(豬肉)肉脯(豬肉)

 

伝統市場の楽しい所は当地しか食べれない美食です。見た目は韓国市場にも有るもののようですが、食べたら、味と食べ物の香りが違います。ピーナッツ糖と香料との組み合わせピーナッツ糖と香料との組み合わせ

 

色はチョコレートの色でしょう?でも中にはチョコレートがありません。これは黒砂糖で作った台湾式パンです。食べたらお持ちパンみたいです。黒糖糕黒糖糕

 

途中で揚物の音がします。聞きながら行ったら、やっぱり天ぷらとタコ揚げ!値段も安い、一個で十元。出来上がったタコに自分好きなソースをつけて食べます。お客様が続々来るので揚物の網はいつも空状態です。もし、通ったら、この店は何にか売っているのかまだ判らないでしょう。

タコ揚げタコ揚げ


台南美食聖地
永楽市場

場所 : 台南市中西区国華華街三段

      St. Guo-hwa 3ed, Zhong-xi dist. Tainan city

営業時間 : 24時間(市場中の店の営業時間が違い。)

台南永楽市場には様様な特色美食があります。いつも昼食時間に近所のサラリーマンそして観光客が来るので、混雑します。永樂市場の近くに果物市場もあって、有名なスポット神農街とあまり遠くないです。

永楽市場入口永楽市場入口テレビ局よく取材しに来ます。テレビ局よく取材しに来ますテレビ局よく取材しに来ます。

豆花(ダウファー)は一つ絹豆腐、黒蜜と他食材の台湾式デザート、台南へ来る前に台南の豆腐は他の処より柔らかいと聞きました。そして、添加される食材にも様々で、必ず食べに行ってください。

豆花店(伝統式)豆花店(伝統式)豆花店(現代式)豆花店(現代式)

 

店はそれぞれ違いますが、通常では豆花と黒蜜、さらに自分好きな食材を加えます。私、個人的にあまり食材を多く入れない、物の本来の味が好きです。なので、黒蜜を加えた豆花だけ、何にも加えませんでした。仙草牛乳豆花仙草牛乳豆花

 

        店によって豆花は違います。店には自分でメニュー開発、基本的に豆花に旬の果物或いはプリンを加えます。値段は60-120元です。加える食材は多いければ高くなります。仙草豆花仙草豆花

見た目が多いようですが、絹豆腐ですから、満腹感がしません。大人一人でも十分です。添加食材によって味が変わりますが、殆ど甘いです。布丁仙草牛乳豆花布丁仙草牛乳豆花

 

滑らかな食感が好きなら、仙草豆花と布丁仙草牛乳豆花(プリン仙草牛乳豆花)はお薦めです。甘い果物好きなら、果物香りが溢れる豆花にも選べます。マンゴー豆花マンゴー豆花

 

台南市のもう一つ代表的な食べ物は「牛肉湯」です。牛肉湯はただ永樂市場だけ食べられるではなく、台南あちこちにも牛肉湯の店が見えます。永樂市場內の牛肉湯屋台永樂市場內の牛肉湯屋台

 

台南の方の朝食はよく牛肉湯を食べると聞きました。いくつの人気店は昼食前に売り切れるので、早く店を終いはよく見えます。台南の飲食方式は他との違いますね。

牛肉湯牛肉湯

味は韓国家の団地中に売っている牛肉湯と似ています。新鮮の牛肉だけでこの料理が出来ると聞きました。作り方は新鮮な牛肉をわんに入れて、そして沸かしている水をわんに注げれば、完成です。お鍋に似ているでしょう?各店は同じではないが、おおまけに牛肉湯の店は白ごはんが付きます。小わんの値段は110-130元の間、大わんは150-170元くらいです。
 


完全に保存された清末の昔の姿
神農街

場所 : 台南市中西区神農街

       St. Shen-nong, Zhong-xi Dist., Tainan city

オープン時間 : 24時間

入場料 : 無

神農街に入る瞬間、まるでタイムマシンを乗って昔に戻るようです。もし台湾北部の有名な場面、“千と千尋の神隠し”動画のバックグラウンドに出てくる九份なら、台湾南部の知りざる場面は二百年前の雰囲気をキープされた神農街です。

神農街風景(1)神農街風景(1)

 

2018年2月に放送されたEBS World Theme Travel“台湾、一旦この島を入ったら”の第三部に神農街が紹介されたことがあります。皆さん見たことがありますか?当時の撮影は昼頃、それを見たら、好奇心で、夜の風景はどのように変わるのか。神農街風景(2)神農街風景(2)

 

神農街には各の小町に人が混んでいます。みんな写真を撮るのを熱中です。街景(3)街景(3)街景(4)街景(4)

台湾の観光客以外に韓国、香港、日本からの観光客にも見えます。街景(5)街景(5)街景(6)街景(6)

 

神農街には最新町ランプがありません。全体に古き姿を見せるため、大量の提灯を掛かっています。ぼんやりの光で、神農街の姿がさらにロマンティック、アンティーク調です。神農街の古董店オーナーと一緒に撮った写真神農街の古董店オーナーと一緒に撮った写真
(EBS World Theme Travel台湾、一旦この島を入ったら”の第三部出演者)

 

ほとんどの神農街の店記念品、生活用品と飲料を販売しています。町の長さ約300メートル、長い町ではないです。週末になると人が混雑です。

手作り記念品店(1)手作り記念品店(1)記念品店(2)記念品店(2)

 

神農街は時間によって違い魅力を発散します。周りの提灯の飾りで、どんな角度でもいい写真が撮れます。

記念品店記念品店

 

我々神農街と別れ前に空いたお腹をいっぱいできる店を探します。非常にラッキー、町の最後に一軒の雰囲気があるレストランを発見しました。このレストランはお茶、手作りビール、赤ワインそしてセット料理を販売しています。レストランの入り口も伝統服を置いて販売しています。レストラン入口レストラン入口手作りビールとインドカレーご飯手作りビールとインドカレーご飯

 

何だが、さらに神農街はモノクロ写真に合えます。私は神農街であるレストランで料理待ち中に勝手に撮ったこのモノクロ写真です。レストランの中レストランの中

 

当日に夜八時に過ぎでも、人が減らせなく増えています。晩食事後、出てきて散歩するでしょう。増えてくる人々(1)増えてくる人々(1)増えてくる人々(2)増えてくる人々(2)

注意したいのは、神農街ではクレジットカードはあまり通用できないので、ほとんど現金で取引です。神農街以外に伝統市場にも十分な現金を用意した方がよいです。


受験生行くべき
台南孔子廟

場所 : 台南市中西区南門路2号

       No.2, Rd. Nan-men, Zhong-xi Dist., Tainan city

オープン時間 : 朝8點30分~午後5點30分

入場料 : NTD 25

ある処は、大受験前に台湾人は必ず行くそうです。これは台南孔子廟です。

台南孔子廟入口台南孔子廟入口

 

1665年前、ここは「文廟」と呼ばれて、つまり教育聖地です。その後に名前は「孔子廟」に変えて、「勉強の神様」を祭祀する処になります。孔子廟正殿(表)孔子廟正殿(表)‘全台首學’‘全台首學’
(意味は受験生は合格して、台湾一番上の学校に入る。)

 

台南孔子廟は台湾では初の孔子廟、その地位の高さは考えてみると分かります。当日にも現地の受験生が祈り参り来ました。大学の受験と公務員試験で、賑わってきて、知らない人は遠いところから見ると単純な観光地ですね。

本殿出入口本殿出入口訪ねる方々の受験祈りを書く訪ねる方々の受験祈りを書く

 

主に孔子廟に来るのは二種類人!受験生と試験の圧力を掛けたことがない人。いずれにしても、わざわざ、ここにくる人々は最高な試験運があるように祈ります。孔子廟內部孔子廟內部イベント情報案内展示イベント情報案内展示
 

<詳しい情報>

 

台南スポット入場券購買情報 : http://bit.ly/2v2g8XK

台南古跡入場券購買情報 : http://bit.ly/2v6YJNw

台南旅行情報 : http://bit.ly/2v4bxEv

写真

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)