メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

TripTaiwan 二泊三日日程 DAY 1

更新しました:2019-07-19

571

紹介

TripTaiwan 中の二人創業者 Kevin, Manda

Caption: TripTaiwan のうちの二人の創業者 Kevin, Manda

TripTaiwanの台南に住まいの二人創業者であるManda とKevinが台南市政府の観光顧問を採用された知った途端に、香港の方のための二泊三日の旅スケジュールを考えました。インターネットには沢山の旅行スケジュールやスポット情報があるので、自分のポジションをじっくり考えて決めたスケジュールの原則は下記の通りです。

1 / 台南市がまるで博物館+美術館と感じされます。ですから、皆さんに見られる古き老舗を選んで台南の雰囲気を感じるスポットにします。

2/ さらに台南の新しいスポットを加えて、新鮮感が好きな香港の方に満足させます。

3/ 台南はB級グルメの都市ですが、多くのものは甘みが強いので、香港の方のお口に合えそうなB級グルメを提案します。


香港の方の台南旅の TIPS! 

1/台南人が朝食を食べる時間が早いので、一般的なお店の昼食は12時から、そして2時頃に終了します。夕食は6時から、8時くらい終了します。一方、香港人の夕食時間と大部違いますので、要注意ですよ!

2/ 台南にはバスがありますが、一般のバスダイヤは20-30分です。夏には気温は三十度くらい達するので、また香港あると違ってあちこちに商店があるのでないので、スケジュールに特に住所が書いてないところは全部歩いて行いける処です。熱いの苦手の方はタクシーで移動してもいいです。

3/ タクシーをご利用場合、市内の中西区又はホテルの前にタクシーの呼び出しは便利でしょう。APP「55688」のタクシー呼び出し機能や7-11、Family Martで電子端末のご利用することができます。

55688 APPの呼び出しのご利用は地図に乗車点を設定或いは直接に住所を入力も可能です(乗車場所の選択)

Caption: 55688 APPの呼び出し機能のご利用について、地図に乗車点を設定する、または直接住所を入力することも可能です。



二泊三日日程:

DAY 1 : Check-in Ⓐ友愛街旅館 > Ⓑ悅津鹹粥(塩味のお粥)>Ⓒ新美街ぶらぶら> Ⓓ永樂市場香蘭理髮廳(散髪屋)>Ⓓ秘氏カフェ>Ⓔ普濟殿で許荷西壁畫探し>(タクシー乗り)Ⓕ永康で温体牛肉鍋を食べる。

DAY 2:旅館の近くにあるⒼ友愛街市場で朝食>Ⓗ台南市美術館一+二館>Ⓘ 鰻丼で昼食>Ⓙ Paripari でコーヒー>(タクシー乗り)Ⓚ安平永華夜市>(タクシー乗り) Ⓛ安平大魚の祝福>(タクシー乗り) Ⓜ華谷理容院(美容院)でマッサージ。

DAY 3:Ⓝ無名朝食店> Ⓞ 進興糖果行(駄菓子屋) >Ⓟ府城光彩映縷門>Ⓠ福泰飯桌仔>Ⓡ北の町に木彫りの老得伯さんを探す>Ⓢ林百貨>Ⓣ清隆帆布行>Ⓤ泉興たたみ屋>(タクシー乗り)ⓋSHOJO 日本式焼き肉


DAY 1

友愛街旅館 NT$650  HK$163+ 一晚 Hostel+Hotel 混合式旅館

Ⓐ 友愛街旅館 NT$650 / HK$163+ 一晚 Hostel+Hotel 混合式旅館

場所は賑やかに静かな処、中西区の最新な台南市美術館の後ろにあります。徒步6分で、国華街や友愛街で食事するのも便利です。Hostel と Hotelが合わせた旅館で、Hostel部屋料金はNT$650 / HK$163から、四人ベットのHostelはご家族又はお友達との旅行の貸し切りに最適でしょう。

◤友愛街旅館◢

交通:台南空港からの出発は、車で約15分です。台南高鉄駅からの出発は約25分です。台南駅からの出発、車で約5分です。




悅津鹹粥(イェージンシェンゾー)

Caption: 悅津鹹粥(イェージンシェンゾー)

Ⓑ 珍しい24時間営業の虱目魚鹹粥(サバヒーギャンメー)

トーラスにあるお粥の老舗、珍しく24時間経営するお店です。台南といえば最初に思いつくのは牛肉湯(牛肉スープ)でしょうけど、鹹粥(塩味お粥)は人の心を癒す家庭料理の味でしょう。台南特産であるルクフィッシュ、鰆を集め、さらに新鮮なカキを加え、さっぱりとしたスープに刻んだセロリで味を引き出し、そして炸油条(小麦粉をこねて発酵させ細長くして油で揚げたもの)を一つ頂くと昼食になります。足りなかったら、独特な香りをする油豆腐、目玉焼き荷包蛋などのおかずも追加できます。

◤悅津鹹粥 ◢
住所:台南市中西区西門路二段332号
交通:友愛街旅館から徒步で15分、タクシー5分。台南駅からの出発は車で7分です。



昔は米町+新しい店の合わせた新美街です

Ⓒ お米老舗+新しい店の合わせた新美街。

台南のB級グルメ文化の原点は石精臼であり、つまり米町で働く労働者の集める場所です。町文化で台南を賑やかさせ、新美街はその中の一つ新旧を融合された町です。「赤崁璽樓」の元は革商売をする「東亞公司」洪氏の家です。花火売りの新協益紙行、新しく参入したカフェ、アイスクリームのお店、路地裏で散歩して沢山のサプライズを発見しましょう。

◤新美街◢

交通:悅津鹹粥から徒步で約1分、台南駅からの出発は車で7分です。



永樂市場で開業を選んだ小義さんは、ここでは香港の九龍城寨の感じがあるからですと言いました

Caption: 永樂市場での開業を選んだ小義さんは、ここが香港の九龍城寨の感じがあるからと述べました。



永樂市場 香蘭

Caption: 永樂市場 香蘭

Ⓓ 国華街小吃以外にも、 永楽市場にはもう3つの隠れバージョンがあります。

国華街のグルメは台南で旅行する人の中でも有名です。最近は女神の徐若瑄も金得春捲、富盛號碗粿(でも台南人は向こうの一品碗粿を食べます。)を食べにきました。実は国華街の永楽市場には九龍城寨をテーマしたコーヒーショップ一時に流行った台湾の古きファッション「香蘭男子電棒パーマ」概念店(主にTシャツを販売)と5月に寿司バーで新しく登場した「神奇製造」があります。

◤永樂市場◢

交通:新美街から徒步で約6分、台南駅からの出発は、車で6分です。



普濟殿許荷西壁画

Caption: 普濟殿許荷西壁画

普濟殿許荷西壁画

Ⓔ 普濟殿での許荷西壁画

前に述べたように、台南はまるで博物館、美術館のようです。普濟殿の許荷西の手描き壁画は一つ例です。許荷西はスペインの町での肖像画家でした。作品は台南のあちこちにあります。まるで、宝物探しのようです。現代素材と伝統な民間宗教を混ぜた壁画、温かい色使い、またその構図は人の想像力を倍増させて、非常に格別ですね。

◤普濟殿 許荷西壁畫◢
住所:台南市中西区普濟街79号
交通:永樂市場から徒步で約2分、台南駅からの出発は、車で約7分です。




タクシーで食べたいの温体牛肉鍋

Ⓕ タクシーに乗っても食べに行く温体牛肉鍋

香港の方は一年中にお鍋をします。台南では全国特有な温体牛(屠り後の当日に冷蔵しではなく店に直送)があるので、温体牛肉鍋を食べに行きましょう。阿裕牛肉涮涮鍋(阿裕牛肉しゃぶしゃぶ)と劉家莊牛肉爐は、地元の方でも食べに行く老舗です。都市中心から車で20-30分、二軒とも大変美味しいです。作者のシェフの友人はこの二軒の温体牛肉のおいしさと平均一人HK$100元くらいの消費を大好評しました。

◤阿裕牛肉涮涮鍋、劉家莊牛肉爐◢
交通:永樂市場から、タクシーで約20分です。

 

もっと台南旅の紹介はDay2にどうぞ。

https://www.twtainan.net/ja/tours/columns/detail/3589

写真

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)