メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

台南を見つけた

永遠に色あせない文化の古都、台南を訪ねる

永遠に色あせない文化の古都、台南を訪ねる

『台南は夢を見て、夢に奮闘し、恋をして、家庭を築き、ゆったり暮らせる地。』
——台湾文学者 故葉石涛

台南の地図

文化の古城歴史のしるしを訪ね歩く

台南市建設の歴史は1620年代にまで遡ることができます。台南は台湾で最も早く開発され、建設が進められた都市で「台湾」という名の発祥の地でもあります。台南市は北回帰線の南に位置し、亜熱帯モンスーン気候に属します。一年を通じて温暖で雨が少なく、日照時間は全島トップであり、平均気温は24.1℃です。現在台南市は計37区で、行政区は当初台湾省が管轄していた台南市と台南県に分かれていましたが、2010年以降合併して昇格し直轄市となっています。

古都台南を歩くと生きた歴史に触れることができます。台湾で最初に発展した都市は、人々の暮らしの発展の源でもあります。台湾で最初の最高学府を歩けば、教育を重んじたこの地の素晴らしさを知ることができます。大きな廟を歩けば古から受け継がれている信仰を垣間見ることができます。古跡の運河に遊べば、文化の移り変わりを証します。台南では、街角を曲がれば悠久の廟と古跡に出会うことができ、長い歴史を持つ古都の逸話に触れることができます。
豊富で手頃な価格、そして美味しい台南の小吃料理は台湾随一と言っても過言ではありません。世界にその名を知られている観光ガイドブック、ミシュラン・グリーンガイドでも推薦されています。さっぱりとした甘みがある新鮮な牛肉湯、魚肉のそぼろと肉そぼろをかけた米糕(蒸したもち米料理)、米の香りに満ちた碗粿(米の粉を蒸した料理)など、地元特有の主食と懐かしい小吃料理は台湾の食文化の源であり、また台南の300年以上にわたる歴史の記憶を受け継いでいます。

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)