メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

安平エリアの14会場における空中パフォーマンスが安平漁港の夜空を彩る ベスト鑑賞スポットはこちら

公開日:2024-01-31

108

安平エリアの14会場における空中パフォーマンスが安平漁港の夜空を彩る ベスト鑑賞スポットはこちら 1

コンテンツ

「2024台湾ランタンフェスティバル in 台南」の安平エリアは2月3日にいち早く開催されます。ランタンフェスティバルの期間中は、ドローン、花火、レーザー、光のショーを組み合わせ空中パフォーマンスが特別に計画されています。劇場のコンセプトに基づき、独自の精巧なテクノロジーで、音と光の効果を作り出し、空中に台南400周年の物語を映し出すほか、「回眸大員(歴史の回顧)、府城詩画(台南の文化)、夢迴台南(多様な生活)」の三部作がランタンフェスティバル期間の休日に交互に上演される予定です。パフォーマンス期間は2月3~4日、2月10~13日(旧暦の元旦~1月4日)、2月17~18日、2月24~25日、3月2~3日、3月9~10日で、2月3日のみ夜6時30分から始まり、その他の13回は夜7時45分から始まります。本日、1分間のプロモーション動画(シミュレーション動画)が公開され、「龍耀台南」のメインビジュアルが三部作のすべてに登場しました。また、花火ショーの風火輪パフォーマンスは、2月4日と閉幕日の3月10日に開催されます。

黄偉哲市長によると、安平ランタンフェスティバルの期間中、14回の空中パフォーマンスが特別に計画されています。毎回500機のドローンによるパフォーマンスと花火、レーザー、光のショーが安平漁港の夜空を彩ります。パフォーマンスは12分間です。ベスト鑑賞スポットは旧1661台湾船パーク隣の駐車場(安平エリアメインステージエリア)と林黙娘公園周辺の広場です。ぜひランタンとパフォーマンスを鑑賞しにお越しください。

観光旅遊局の林国華局長は、ドローンショーの期間中、衝突による被害を避けるため、無許可のドローンは安平漁港周辺での飛行と撮影を控えるよう呼びかけています。また、1月27日~3月13日、城平路の駐車場が一時的に閉鎖されます。近隣住民のみなさんや飲食業者の方は、来場者へ碧海埠頭駐車場への駐車をご案内ください。そのほか、花火の配置とドローンの発着を円滑に行うため、ショーの期間中、交通規制が行われ、規制区域への車両および人の出入りが禁止されます。規制範囲:城平路(同平路127巷~安平漁港管理センターの南側まで)の全車線(双方向)。世平路(同平路~城平路まで)の全車線(双方向)。規制日:2024年2月2日~2月4日、2月9日~2月13日、2月16日~2月18日、2月23日~2月25日、3月1日~3月3日、3月8日~3月10日、毎日00時~24時、計20日間。ショーを円滑に進行するため、期間中は規制区域の道を避けてご通行ください。

「2024台湾ランタンフェスティバル in 台南」の安平エリアでは「台南400周年」と「河光往事」の2会場で30点以上の作品の展示が計画されています。一緒に台南の歴史と未来を目撃しましょう!安平エリアは2月3日に開幕します。開幕日には明華園総団を迎え、オープニングとしてオペラ『媽祖』が10年ぶりに上演されます。ランタンフェスティバルの期間中、原住民、客家人、新住民(国際結婚やその他の理由により台湾籍を取得した者)の大道芸人、地元の優れた演芸チーム、台湾ブランドチーム、現代芸術、伝統芸術など、さまざまなコンテンツによる素晴らしいパフォーマンスが披露されます。詳細は「2024台湾ランタンフェスティバル in 台南」の公式ウェブサイトや台南旅行サイトをご確認ください。
 

関連リンク

写真

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)