メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

台湾国際蘭展

更新しました:2019-02-13

539

コンテンツ

"台南市はその気候と文化から蘭産業が特に盛んで、中でも胡蝶蘭の栽培が非常に多く、市内の胡蝶蘭生産面積は台湾における胡蝶蘭の総生産面積の30%(52ヘクタール)を占めています。台湾全土で唯一の蘭花園区「台湾蘭花生物科技園区」は台南市後壁区にあり、園区の完成後には市場シェアはさらに高くなることが予想され、世界的にも重要な胡蝶蘭の生産地域となっています。

台湾国際蘭展の多岐に渡る出展内容と活動は、蘭産業の振興、国際貿易機会の創出、技術交流を目的とし、同時に従来の消費者向け小売業展示会から半消費半貿易の展示会へと転換し、出展業者に商談の機会とマッチングプラットフォームを提供しています。また、例年国際蘭展には美しい大型フラワーアートインスタレーションが数多く展示されるほか、注目を集める珍しい貴重な蘭の品種もあり、多種多様な蘭製品や各種材料が豊富に揃っています。

長年にわたり開催されてきた台湾国際蘭展の活況は、業界に希望をもたらしただけでなく、旅行市場にもビジネスチャンスをもたらしています。例年国際蘭展では美しい大型フラワーアートインスタレーションが数多く展示されるほか、注目を集める珍しい貴重な蘭の品種もあり、花農家が丹精込めて栽培した高価な蘭が優勝を競い合います。近年では新しい試みとして蘭企業の景観イメージ、インスタレーション・アート、テクノロジー・アートも加わり、より一層多様化した蘭展となっています。"

写真

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)