メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

塩水蜂炮

更新しました:2019-02-13

376

コンテンツ

塩水蜂炮の習慣は清の時代に始まりました。塩水地区で大規模な疫病が発生した際に民衆が神に奇跡を祈ると、武廟の関聖帝君から厄払いのお告げが下されました。元宵節の夜に周倉爺を先頭に関聖帝君を乗せた神輿が現れ、その後を信者が付き従って疫病の出た地域を朝まで爆竹を鳴らしながら練り歩き、その後、塩水の疫病は治まりました。民衆が神への感謝の気持ちを表して毎年元宵の夜に爆竹を鳴らしていたものが、現在のエネルギッシュで有名なロケット花火祭りへと変わっていきました。これらのロケット花火の中でも神への感謝を捧げるための発射台が最も見ごたえがあり、発射台の規模はさまざまですが、数万発ものロケット花火が取り付けられており、発射台の前に神輿が来るたびに、赤い布を取り払って数万発のロケット花火を一斉に発射します。その火花は目を奪うほどに鮮やかで、ロケット花火祭りの中でも最もエキサイティングな瞬間です。

写真

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)