メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

蝸牛巷

月曜日:24時間昼夜営業

4

更新しました:2022-09-21

35

玩樂攻略

新旧融合の独特な建物と、喧騒の中の静けさを満喫。

歩くペースを落とし、蝸牛巷にいるカタツムリの数をカウント。

文学の巨匠の人生を物語る、床ブロックに刻まれたフレーズ。

シャッターを切る手が止まらない各種精巧な背景セットと3Dアート。

紹介

カタツムリに変身し、都会の喧騒の中に潜む静かな路地を散策
賑やかな大通りにたたずむ本棚風に彩色された装飾が、日陰の路地に隠れたサプライズの存在をこっそり伝えています。この本棚風の装飾が目に入ると、もう蝸牛巷に到着。どうぞ怪しまずに、そのまま路地に進んでください。中西区に位置する蝸牛巷は、永福路二段、民生路一段、西門路二段、中正路に囲まれた一帯の路地を指しており、繁華街に隣接していながらも、この上なく静かで、思わず足を緩めてしまう場所です。 
看到這座彩繪書櫃,就代表蝸牛巷已經到了
蝸牛巷の中では、シンプルモダンなスタイルを融合させた赤レンガの古い建物が、古都の歴史を静かに物語っています。カタツムリのまねをして、文学の息吹に満ちた温かみのある路地の中を、ゆっくり静かに進みながら、隅々に隠れたカタツムリのオブジェを探してみてください。観光客に自分の姿をカメラに収めてもらおうと、大げさに目立った場所に立つ明るく活発なカタツムリもいれば、うっかりすると見逃しかねない、人目につかない隅っこや壁際に控えめに隠れたカタツムリもいます。蝸牛巷を訪れた際は、そんなカタツムリたちをぜひ見つけてみてください。
有的蝸牛裝置藝術明亮活潑,高調地立於顯眼的位置
文学の巨匠の人生を伺い知る
「蝸牛巷」の名は、台湾の文学者の葉石涛が『往事如雲』という小説の中で言及している「蝸牛巷」から名付けられました。現在の蝸牛巷が位置する場所は、葉石涛の台南での最後の旧居があった場所で、蝸牛巷の床ブロックには、『往事如雲』の文章の一部が刻まれています。
刻印在地磚上的《往事如雲》部分文句
葉石涛が描いた場面をもとに作られた背景セットと3D壁画アートを眺めながら、その中に記された文の意味合いをじっくり吟味していると、まるで葉石涛が当時住んでいた蝸牛居(カタツムリの殻のように狭苦しい家)の空間に足を踏み入れたかのようで、簡素ながらも温かみがあり、狭いながらも地道な暮らしぶりが伺えます。
この著名な人物の生涯について知りたいという方は、ぜひ近くにある葉石涛文学館を訪れ、葉石涛が書き残した文章を通して、その文学の志に触れてみてください。
富有文學及藝術氣息的3D彩繪牆
ぜひ休日を利用し、日頃頑張ってきた自分へのご褒美として、カタツムリの一員になったつもりで、数々のカタツムリたちと路地をのんびり散策してみてください。
 

Instagram @tainantravels

台湾の文学作家、葉石涛はこう言った:「台南は夢、仕事、恋愛、結婚、のんびりとする場所としてふさわしいところだ。」彼の旧居を記念し、...
本区の写真と文章はすべてInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。

観光スポット情報

アドレス 台湾台南市中西区永福路二段81巷及永福路二段交叉口

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

チケット 免門票

施設

  • バス停
  • 販売部

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)