メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

隆田chacha文化資産教育園区

木曜日:09:00 – 17:00

4.3

更新しました:2022-10-05

232

紹介

テクノロジー、芸術、緑を取り入れた隆田文化資産教育園区が誕生

ここでは、産業遺産である「四鉄共構(台鉄、糖鉄、塩鉄、水鉄)」を保存しています。鉄道跡、計量室址、台塩隆田儲運站や倉庫群といった歴史的建築を見学することができるほか、台湾最大の「嘉南大圳(日本時代の水利施設)」をテーマにした没入型シアター、インタラクティブに触れ合える装置やパブリックアート、専門的な台南考古学センターも備え、新しいテクノロジー技術を通して100年前の優れた遺構を改めて知っていただくとともに、施設名であるChachaが意味する “Come Here Again” の通り、再び訪れていただけるような場所になることを願っています。

 

北倉、南倉、考古の3エリアに分かれた園区

 

北倉展示区

嘉南大圳をテーマにしたインタラクティブな学習空間、稲の研究室、伊東哲の座敷、没入型シアターで構成されています。没入型シアターには、インタラクティブ型と劇場型があり、インタラクティブ型は伊東哲の「嘉南大圳工事模様」を基に、人・土地・水源が織りなす関係をスクリーンと触れ合いながら体験でき、劇場型は彫刻や黄金の稲穂をメインに嘉南大圳の発展の様子を映像でご覧いただけます。

 

南倉展示区

水路パチンコ、ケンケンパ、大圳ミキシングなど、インタラクティブに楽しめる装置が設置してあります。水路パチンコは嘉南大圳灌漑水路をデザインの基にした巨大パチンコで、水源(パチンコ玉)が各装置に接触すると異なる光を放ち、関連する音響効果が流れ、滑り台型の構造でさらに触れ合いが楽しくなるよう工夫されています。ケンケンパは、嘉南平原の農作風景をコンセプトの主軸に、床面にインタラクティブ装置を投影し、カラーブロックには嘉南平原15万ヘクタールのさまざまな農作物が次々に現れます。違う色で異なる作物を表現し、カラーブロックを踏むことで対応する生態環境の音が流れます。大圳ミキシングは大圳に暮らす人々の生活音をコンセプトの主軸としています。サウンドクリエーターの呉燦政氏に依頼し、嘉南地区の音を実際に収集しています。センサーに手で触れて音を出したり、積み木を移動させてミキシングを行ったりすることができます。

 

考古区

以前は、台湾大学考古学チームのワークステーションや「隆田考古展示室」として使用されていた歴史的建築「台塩隆田儲運站」が、「隆田文化資産教育園区」として生まれ変わりました。儲運站の乙、丙、丁倉庫は考古学の出土品収蔵と教育推進のための空間となっています。

 

そのほか、室内外には写真撮影にも最適なパブリックアートが多数設置されています。中でも「瞰水丘遊」は見どころのひとつで、珊瑚の湖をステンレスの鏡で表現し、鏡には湖面のように空や木々が映し出されています。「弾跳小丘」は烏山頭水庫に新解釈を加え、年間のダム消費水量を等比率で縮小して表現しています。弾む感覚からは波の起伏の変化を感じ、さまざまな見方や触れ合い方ができる作品となっています。

 

園区内には、楽しく見ごたえのある景色や装置がいくつも用意されています。ぜひ足を運んで、体験してみてください!

 

観光スポット情報

電話 +886-6-2213597

アドレス 台湾台南市官田区新生街43號

カテゴリー 史跡、地元の芸術文化、バリアフリー施設

メール tainanchacha@gmail.com

営業時間 日曜日:09:00 – 17:00
月曜日:09:00 – 17:00
火曜日:店休
水曜日:09:00 – 17:00
木曜日:09:00 – 17:00
金曜日:09:00 – 17:00
土曜日:09:00 – 17:00

公式サイト 公式サイト

関連リンク Facebookのファングループ

施設

  • 公衆トイレ
  • オンライン

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)