メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

飛虎将軍廟

火曜日:05:30 – 21:00

4.6

更新しました:2022-05-18

313

紹介

「鎮安堂」、別名「飛虎将軍廟」の廟内に祀られている神は神界の神ではなく、第二次世界大戦期の日本軍人「杉浦茂峰」です。杉浦茂峰は1944 年に台湾に配属され、日本海軍の兵曹長を務めていました。同年 10 月 12 日午前に空中戦が発生し、彼は戦闘機で米軍を迎撃しました。台南の海尾寮荘上空で対戦となり、戦闘機の尾翼が米軍の攻撃を受け、戦闘機が墜落する中、彼は村に墜落して住民に被害が及ばないようにとすぐに避難せず、懸命に戦闘機を村の周囲の養殖池、農地まで操縦し、戦闘機が村から離れてやっと落下傘で脱出しました。しかし不幸にも、落下傘が米軍に撃ち落され、高空から墜落して命を落とし、戦死後に少尉を追贈されました。

 

戦後、人々は次第にこの事件を忘れ、そしてある日、現地の住民が遠くに白い帽子と白い服を着た亡霊が養殖場の辺りで何かを探しているかのように歩き回る姿を目撃し、人々が近づいた時には姿を消していました。そこで住民たちが海尾朝皇宮の保生大帝に伺いを立てたところ、保生大帝はこの亡霊は戦争で亡くなった杉浦という者で、この地で安らかに暮らすことを願っていると答えました。

 

後に日本軍の協力で、この日本軍人の氏名が分かり、民国 60 年(1971)に 戦闘機が墜落した地点に祠を建て、当時彼が村人を救うために自らを犠牲にした行動に感謝しました。その後村で奇妙な事件が起こることはなく、村は平和に発展していきました。

 

民国 82 年(1993)、鎮安堂の管理委員会が 50 坪に拡張して、名前を「飛虎将軍廟」としました。廟内には日本国旗があり、日本の観光客が必ず訪れる特別な観光スポットとなっています。

観光スポット情報

アドレス 台湾台南市安南区同安路127号

営業時間 日曜日:05:30 – 21:00
月曜日:05:30 – 21:00
火曜日:05:30 – 21:00
水曜日:05:30 – 21:00
木曜日:05:30 – 21:00
金曜日:05:30 – 21:00
土曜日:05:30 – 21:00

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)