メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧安平陳保正厝(原安平陳保正厝)

更新しました:2019-11-11

203

紹介

陳保正厝は清朝統治時代から延平街にあり、清朝末期に福建から台湾へ派遣された海軍の陳織雲が日本統治時代に保正となった際の住まいで、典型的な三落式街屋となっています。後に延平街の拡張により前部分が取り壊され、中間、後部の構造を残すのみとなりました。内部には中二階と珊瑚石を使用した壁があり、中間、後部の中庭にはしっかりとした保極照壁(目隠し用の壁)があります。これは厚さ42センチのレンガを積み上げたもので、高さ約4メートル、幅約1.5メートルの大きさです。照壁には「保極」文字の八卦が刻まれ、上部には日月雲の装飾が施され、4つの角を4匹の蝙蝠が取り囲む、この建物最大の特徴となっています。

観光スポット情報

電話 +886-928-678617

アドレス 台湾台南市安平区延平街58號

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 採事先預約制

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)