メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

台湾府城城壁小東門跡(臺灣府城城垣小東門段殘蹟)

更新しました:2019-11-20

271

紹介

台湾府城が清雍正3年(1735年)に木柵の城として建設された際、小東門の範囲は、真東の龍山寺近くでした。大東門が設けられ、木柵は大東門から北へ向かって右営庁後方まで延び、東北に曲がって小東門へと続き、再度北へ向かい、城守営である大北門へ近くまで続いていました。そのため、小東門城壁跡は大東門と大北門の間の部分となります。

台湾府城城壁小東門城壁跡は勝利路にわずかに残るのみとなっています。三合土で作られた小東門城壁跡は、北の小東路までの約200メートル、南は大学路までの約65メートルで、うっそうと茂った木々の下に城壁が隠されています。1966年、成功大学が光復キャンパス用地を買収し、キャンパスの壁を建設するために南側の城壁は取り壊されました。

観光スポット情報

電話 +886-6-2757575

アドレス 台湾台南市東区大學路1號

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 全天開放

チケット 免門票

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)