メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

七股塩田湿地(七股鹽田濕地)

旅行者の評価:3 167 件の口コミ

更新しました:2019-11-11

711

紹介

湿地は、北は将軍漁港南側、東は七股塩場新塩灘第一工区西側堤防から南、南は七股潟湖南堤を境界とし、西側海域の等深線6メートルの地点までの総面積は2,997ヘクタールとなっています。

七股潟湖と東側の塩田を含む総面積 1,976 ヘクタールの台湾で最も面積の大きい塩田です。日本統治時代に開発され、2002年、七股塩田は操業を停止しました。1993年、浜南工業区開発案として潟湖と塩田を製油所、製鉄所に使用することが求められました。これに対して100を超える保護グループが連携し、貴重な湿地とクロツラヘラサギを救うための環境保護活動が開始されました。その後13年を経て、内政部区域計画委員会による審査が行われ、「手順を満たしていない」ことを理由に全ての開発案が経済部に差し戻され、開発案は一時的に保留されることとなりました。

エリア内には豊富な生態資源があり、絶滅危惧種であるクロツラヘラサギ、コウノトリ、ハヤブサ、希少種であるヨーロッパチュウヒ、ミサゴ、チョウゲンボウ、コアジサシ、ズグロカモメ、保護を必要とする種であるツバメチドリ、アカモズが見られます。シロチドリとセイタカシギ( この湿地で繁殖 ) やクロツラヘラサギなどの渡り鳥が越冬するのに必要な食べ物を提供するため、エリア内の鳥、魚、エビなどの生物の十分な供給計画も必要とされています。

観光スポット情報

電話 06-2842600

アドレス 台湾台南市七股区新山子寮

カテゴリー 自然景観

営業時間 週一~週日00:00~24:00

公式サイト 公式サイト

交通情報

Review

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:3.0 167 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 11 とても悪い
  2. 25 悪い
  3. 68 普通
  4. 39 良い
  5. 17 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 45 ファミリー
  2. 37 カップル・恋人
  3. 22 一人
  4. 2 出張・ビジネス
  5. 37 友達
  • shigeruk472

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    昔からの塩田観光地

    旅行者の評価:2 2019-05

    台南駅から台湾好行路線バス99で90分かかります。塩田のそばに塩で作られた山があり、登ることが出来ます。観光地レベルとしてはあまりお勧めできません。
  • kaztv

    東京都

    なぜか鹿のキャラクターの頭が

    旅行者の評価:4 2019-04

    ビルの6階相当の高さがある塩山があるのですが、なぜかその中腹あたりに、鹿のキャラクターの頭がでーんと置かれていました。ガイドさんによれば、この辺りには昔、鹿がいたとのことでしたが、今は1頭も見かけなかったし、なぜ塩山の上に乗せる必要があるのかも謎。逆に言えば、こういう珍百景好きにはたまらないスポットかもしれません
  • budda54

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    平日だから?ガラガラだった

    旅行者の評価:3 2018-12

    12月半ばに訪問しました。 台南駅から乗り換えなしで行けるバスが出ています。 土休日こそ毎時1本くらい出ていますが、平日は1日3往復しかないので発車時刻には気をつけてください。 最初に一目見たときは“お!!”となりますが、それ以外は…という場所です。笑 でも、塩を使ったアート(サンドアート的な)があって、塩でこんなのが作れるのかと感心しました。 バスを待っているときに台南に住んでいる現地の方とお話しする機会があり、 その方も「ガッカリ名所でしょ?」と言ってました(笑) とはいえ、日本ではお目にかかれない景色なので、行ってみると面白いかも。
  • MC895

    大阪市, 大阪府

    台灣鹽博物館をあわせて訪問することをお勧めします。

    旅行者の評価:4 2018-08

    安平からバスで行きましたが、1時間弱かかります。塩田の中にポツンとあります。塩の大きな山があり、登ると遠くまで見渡すことができます。ここまでせっかく来たら、隣にある台灣鹽博物館をあわせて訪問することをお勧めします。塩に関する総合的な展示をしている博物館でかなり見応えがあります。塩田の歴史などについて学ぶことができ楽しかったです。
  • Me1088

    眩しい

    旅行者の評価:3 2018-08

    平日月曜午後に訪れたが、人がそれなりに居て、若い子が良いスポットで写真を取り続けている。歩く部分には布がかかっていて、あまり直接塩の上を歩く感じではない。 そこまで綺麗ではなく茶色い部分も多いこと、山自体が歩いてすぐ頂上に達し想定より小さいこと、人が多いこと、眩しくて昼間はサングラス必須なことで、インスタ映え写真を取るのは難易度が高いだろうと思う。実際難しかったので諦めた。

1-167 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台南市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)