メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

塩水渓口湿地(鹽水溪口濕地)

更新しました:2019-11-11

666

紹介

この湿地は塩水渓が海に流れ込む位置にあります。北は四草湿地A2エリアに隣接した塩水渓の北堤から、南は安平堤防、東は省道台17線と大港観海橋を境界とし、西側海域の等深線6メートルの地点までの総面積は635ヘクタールとなっています。 ここ数年、台湾西南沿岸部地域でチュウサギの繁殖、新しいグループの発生が見られるようになりました。台南市塩水渓口の紅樹林区でもダイサギ、チュウサギの巣作りが確認されています。このほか、台湾博物館学刊第 58  号では、この渓口でタイワンハナビラガイの二枚貝の新種が採集されたことが報告されています。 エリア内には豊富な生態資源があり、絶滅危惧種であるコウノトリ、クロツラヘラサギ、希少種であるヨーロッパチュウヒ、ミサゴ、チョウゲンボウ、コアジサシ、ガビチョウ、保護を必要とする種であるアカモズ、エダウチヤガラが見られます。

観光スポット情報

電話 +886-6-2842600

アドレス 台湾台南市安南区府安路七段

カテゴリー 自然景観

交通情報

Review

トリップアドバイザー 口コミ

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)