メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

紅樹林バードウォッチングエリア(紅樹林賞鳥區)

更新しました:2019-11-11

293

紹介

台南市の海沿いの河川には大量の土砂堆積物が運ばれてくることからマングローブの生育に最適な環境となっています。この地域でヒルギダマシという樹種が主で、マングローブ林には魚、エビ、貝類の豊かな生態系があることからシラサギ、ゴイサギなどが多く集まり、毎年冬になると、クロツラヘラサギもここを訪れます。
 
クロツラヘラサギは総個体数は3000羽以下の世界的絶滅危惧種です。現在、台江地区は世界最大のクロツラヘラサギの越冬地で、近年における冬季の最大個体数は1000羽以上となっています。春に北に帰る前に、食べ物を探し求めて道沿いの水位が下がった使われていない養魚場に現れることがあります。夜行性で、昼間は他者からの干渉を受けにくい広々とした海岸の浅瀬や養魚池で集団で休息をとります。飛行中は首がまっすぐに伸び、その優雅な姿から「黒面のダンサー」と呼ばれています。捕食の際には小さなグループを数多く形成し、わずかに開いたくちばしを水中に差し入れ、左右に動かしてエサとなる小魚やエビなどを探します。
 
クロツラヘラサギバードウォッチングパビリオンでは高倍率望遠鏡やカメラが提供され、その場でバードウォッチングができるほか、撮影した画像をすぐにインターネットにアップロードすることもできます。バードウォッチングパビリオン周辺には解説パネルが設置され、バードウォッチングには絶好のスポットとなっています。クロツラヘラサギについてより深く知りたい場合には、特定の時間にボタンティアによる解説サービスが行われています。

観光スポット情報

電話 +886-6-2842600

アドレス 台湾台南市七股区鹽埕里52號

カテゴリー エコツアー、自然景観

営業時間 週一~週日00:00~24:00

チケット 免費

交通情報

駐車場

停車請停路邊

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)