メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

台湾ホロコースト和平紀念館(臺灣Holocaust和平紀念館)

3.1

更新しました:2019-07-29

309

紹介

高くそびえ立つ壮大な教会は仁徳区でも数少なく、そこに掲げられた台湾ホロコースト和平紀念館という文字は、多くの人々にとってあまり馴染みのないものでしょう。ですが、車路墘教会と言えばおそらく多くの人がここがどこなのかわかるでしょう。ロイ・チウ主演の映画「加油!男孩」は十鼓園区で撮影されたものですが、この車路墘教会でも撮影が行われました。台湾ホロコースト和平紀念館は教会の2階に位置し、台湾で唯一のユダヤ人文化財をテーマとした文化館です。ホロコーストとは第二次世界大戦において600万人以上ものユダヤ人が迫害され、死に追いやられた歴史的な出来事であり、後にユダヤ人の慰霊と世界平和の理念を広く知らしめるために、世界各地にホロコースト記念館が設立され、車路墘教会はその中の1つとなります。1階から2階の展示スペースへと続く階段には、ヨーロッパの小さな町の穏やかな生活からヒトラーの台頭までの時代のうねり、ユダヤ人迫害の様子、古い写真やさまざまな実物コレクションが展示されており、台湾では非常にまれな足を運ぶ価値のある歴史文化館となっています。

観光スポット情報

電話 +886-6-2662758

アドレス 台湾台南市仁徳区文賢路一段598號

カテゴリー 地元のギャラリー

メール logos4ac@yahoo.com.tw

営業時間 預約參觀

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)