メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

国立台湾史前文化博物館南科考古館(國立臺灣史前文化博物館南科考古館)

木曜日:09:00 – 17:00

4.3

更新しました:2019-11-11

1012

紹介

"1995年よりこの場所で5000年の古代文明の発掘が開始されました。行政院国家科学委員会から委託された中央研究院、国立台湾史前文化博物館により調査、発掘が行われ、これまでに58か所以上の遺跡が発見されました。発掘された先史時代の文化で最も古いものは約5,000前、最も新しいものは約300年前のものとなります。これは、現在台湾における最高の遺跡密度であり、完全かつ最大の発掘面積を有しています。開発が進む中、発掘により救いだされたその成果を保存、研究、展示するために、各方面の尽力により、敷地面積約2.42ヘクタール、床面積19000平方メートルの南科考古館の建設が計画されました。

パブリックアート「蔦松家」は陶製人面像を創作モチーフとしたもので、道爺遺跡から出土した陶製人面像は南科考古を代表する文物の一つとなっています。成熟した人面塑像技術も蔦松文化の特徴であり、肉体の立体感と味わいのある表情が表現されています。館内には常設展示ホールがあり、南科考古の20年以上にわたる研究成果がまとめられています。児童ホールでは台湾南島語族の神話をテーマとしたクリエイティビティあふれる考古学ゲーム体験ができます。博物館の密室展示では、一般に目にすることの非常に少ない博物館文物の保存と修理作業を特別に公開し、考古学遺物が発掘現場から博物館へ搬入された後の工程について紹介しています。
"
 

観光スポット情報

電話 +886-6-5050905

アドレス 台湾台南市新市区

カテゴリー 地元のギャラリー、バリアフリー施設

公式サイト 公式サイト

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)