メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

蘇厝真護宮

4.3

更新しました:2021-03-04

571

紹介

蘇厝真護宮は、廟の前に「南瀛總鎮守」と書かれた扁額があり、堂々とした様から強い神威が感じられます。言い伝えによれば、真護宮の主神である李府千歲は、柳営から来たと言われています。清の時代、柳営の川に一艘の王船が流されました。王船は曾文渓の河畔で止まり、それを見つけた人々は神の思し召しだと考えました。王船を村に残し、村人を守る象徴としたのです。一般的な王爺信仰文化と同じく、真護宮でも三年に一度、王船祭が行われます。廟内には現在1958年に造られたヒノキの王船が一艘保存されています。廟の大切な宝であり、国宝級の王船とされています。そのため、三年に一度の王船祭の際には、身動きが取れないほど大勢の人が訪れます。不動の人気を誇る王爺信仰の廟です。

観光スポット情報

電話 +886-6-5922335

アドレス 台湾台南市安定区

カテゴリー 宗教的な寺院

営業時間 入場無料、通年開放

公式サイト 公式サイト

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)