メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧台南水道水源地区

更新しました:2018-12-13

204

紹介

台南水道水源地区は保護区に指定されているため、豊かな生態系が維持され、緑があふれています。赤レンガの建物は保存状態が良く、俗世から離れた世界を作り出しています。 1897年、台湾総督府衛生工学技師バルトン(W. K. Burton)と浜野弥四郎は台南地区の水源、水質調査を実施し、1912年に着工、工期は10年に及びました。すべての器械や建物は、1982年にその役目を終え、現在に至ります。 古い建物には独特の魅力があります。赤レンガ、アーチの門、三角屋根など、どれだけ眺めても見飽きません。日本統治時代には実に多くの美しい建築物が建てられ、今でも残されています。 中でも送水加圧室&火力発電室は代表的な建物です。第二次世界大戦中にアメリカ軍の爆撃を受けたため、建物は修繕されましたが、建物の中にはいくつもの加圧ポンプがあり、どれもビンテージ物です。機械施設もすべて歴史がありますが、現在は使われておらず、ツバメが巣を作る格好の場所になっています。 区域内は長年立ち入りが禁止されていたため、秘境のようになっており、ちょっとした探検気分が味わえます。ぜひ参観申請をして足を運んでみてください。

観光スポット情報

電話 +886-6-2990072

アドレス 台湾台南市山上区

カテゴリー 史跡

営業時間 参観は要ネット予約

公式サイト 公式サイト

交通情報

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:3.5 5 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 3 普通
  4. 1 良い
  5. 1 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 1 カップル・恋人
  3. 1 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 2 友達
  • aitainan2015

    toukyou

    のんびりできる観光地です。

    旅行者の評価:4 2015-12

    住所は山上区山上里16號で台南の東側、新市の先です。日本時代の1922年(1912着工)から台南市10万人の水源でした。日本の近代上下水道の基礎を築いたウイリアムバルトンと一番弟子の濱野弥四郎は台湾に近代的な上下水道を整備することとなり派遣されました。不幸なことに師のバルトンは風土病に倒れましたが濱野は台湾に残り当時東洋最新の上下水道を整備しました。その設備が保存されているのが原(元)台南水道(浄水場)です。濱野氏が台南市近郊を歩いて探した最高の水源と言うことでとても美しい場所です。緑豊かな景勝の地なのでのんびりするのにもってこいです。近年奇美実業創始者の許文龍氏により濱野氏の胸像が建立され日本人には馴染み深い地になりました。煉瓦造りの建物も風情があり建築好きにはたまりません。台南市は日本時代の建物の修理保存に熱心で本当に感動します。濱野氏は烏山頭ダムで有名な八田氏の先輩なので是非こちらも訪ねてみて下さい。現在は国定の古蹟でかなり整備が進んでいます。将来は水道博物館にしたいとのことなので長生きして再訪しようと考えています。世の為、人の為が当たり前にできていた濱野氏の時代を羨ましく思います。美しい水源なので子供たちも安心して遊べます。
  • Chao Chun H

    旅行者のタイプ:

    나홀로 여행

    歷史的軌道

    旅行者の評価:3 2017-07

    創建日治時期大正十一年(1922年),建議一早就來,當作散步地點即可,階梯大概200階,平緩所以不用擔心! 位於高點有洗手間以及介紹室,腹地廣大,但有著蝙蝠棲息,故淨水區內部暫時不對外開放; 可騎車或者開車; 公車建議搭乘-綠11 到山上派出所,走路約950公尺,如外地旅客仍建議先坐火車到善化火車站,如從台南火車搭乘將會有兩倍時間!
  • Excursion387275

    旅行者のタイプ:

    친구 동반 여행

    台南水道淨水池~

    旅行者の評価:5 2017-02

    走過長長的階梯,看見巴洛克建築...好美~~大草坪上的通氣孔~~配上藍天白雲,是絕佳美景...下次要預約去參觀蝙蝠生態!
  • carol-0903

    Taiwan

    旅行者のタイプ:

    친구 동반 여행

    有歷史的古蹟景點

    旅行者の評価:3 2016-11

    好像還沒正式開放 可是已經可以進去參觀 雖然說有導覽但是導覽員只是照手冊講給遊客聽 而且水道裡面沒有燈光也不准用手機照射 也不能出聲音 說會嚇倒蝙狐 裡面很臭 會聽到蛇的聲音水道的參觀距離很短 去過之後覺得可去可不去啦!外面風景比較好!
  • SpokaneRod

    Tainan, Taiwan

    旅行者のタイプ:

    Couples

    Japanese Colonial Era Historical Site

    旅行者の評価:3 2015-12

    I've never seen the Watercourse in Tainan tourist, business, or historical publications. Even after going there and asking locals about it, I could get no information. I figure it's like a lot of places all over the world, it's no longer part of daily life, it's off the beaten path, it belonged to an older generation, and so it becomes forgotten. I stumbled across the Watercourse based on a recommendation from my nephew; he'd read something about it in Chinese on-line, so he thought I might be interested. Fong Ta was right! Sometimes, those are the most interesting sites because they give real insight as to how people used to live. Much of Taiwan's historical locations are based on the Chinese influence. Valid, from a Chinese perspective and the view of most Chinese who came to Taiwan in the late 1940s. However, for those who had long family roots in Taiwan, the Japanese era still rings loudly in their memories. This small site can show the influence of the Japanese in the lives of those in the Tainan area. The nearby city of Sin Hua is worth visiting while already in Tainan because the main street is lined with Japanese-era one and two-story buildings and homes. Just those make the visit there worthwhile. Add to those, just one, two, and three blocks away are neighborhoods of the one-story brick Fuchian-style homes that were prominent all over Taiwan until the 1960s and '70s. You can wander to your heart's content. While already in Sin Hua, the short drive to get to the Watercourse is worthwhile. Were I civil engineer, I'd make it a point to go there. Were I into Japanese-era life in Taiwan, I'd make it a point to go there. Were I satiated with the temples and shrines of Tainan and had half a day available, I'd go to Sin Hua and then the Watercourse. Well, what is it? It's the water treatment facility built by the Japanese just before World War One. It was used until the 1970s. You can wander around the old buildings and ponds. Many of the sites are identified in English; an English brochure is available near the entrance. This is not the top-visited location for tourists so you may have the place all to yourself. You can take pictures and snoop around everything without being disturbed.

1-5 件の口コミ

この口コミ情報は台南市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)