メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

塩水天主聖神堂

更新しました:2020-10-12

1417

紹介

1955年に設立された塩水天主神聖堂(鹽水天主神聖堂)は、昔から旅行者の興味をそそるスポットでした。カトリックの教会であるはずなのに、廟のような建築様式だからです。外観が中国スタイルなだけでなく、内部も東西が入り混じったデザインで、その昔、キリスト信仰を広めるために、宣教師たちが試行錯誤したことが見て取れます。名画「最後の晩餐」さえも中華風にアレンジされ、食べ物は包子(肉まん)に、手には箸などの中華様式の食器を持っています。このように東西を融合させた大掛かりな改造を施したのはすべて、地域に溶け込み、より多くの人に新しい宗教観を受け入れてもらうためでした。西洋の宗教観が大きく広がった現在、当時の壁画はとても貴重なものと言えるでしょう。

観光スポット情報

電話 +886-6-6521174

アドレス 台湾台南市塩水区

カテゴリー 宗教的な寺院

営業時間 参観要予約

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)