メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

東山孚佑宮(仙公廟)

更新しました:2022-07-04

1001

紹介

東山孚佑宮は「東山咖啡公路」と称される県道175号沿いにあり、主神には八仙の一人、呂洞賓が祀られています。仙公廟とも呼ばれ、台湾全土の仙公祖廟でもあります。二階には、台湾で唯一、八仙の神像がすべて祀られています。孚佑宮の前からは、嘉南平原全体が見渡せ、毎朝多くの旅行者が山を登り、景色を楽しんでいます。廟の後方にはサクラの木が何本も植えられた登山口があり、そこから標高884メートルの崁頭山の山頂へ登ることができます。登山コースでは、カエル岩(石蟾蜍)や恋人岩(情人石)などの奇岩景観が楽しめます。天気が良ければ、遠く枕頭山を望むこともできます。往復約2時間あまりのコースで、散策後には宮内で精進料理を味わったり、宮内のカフェでコーヒーを飲みながら霧に包まれた山景色を楽しんだりして、心地よい時間を過ごすことができます。

観光スポット情報

電話 +886-6-6861502

ファックス +886-6-6860467

アドレス 台湾台南市東山区

カテゴリー 宗教的な寺院

メール fuyotemple@gmail.com

営業時間 月曜〜日曜4:00~20:00
入場無料、通年開放

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)