メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

烏腳病紀念館

月曜日:店休

4.5

更新しました:2021-03-04

1581

紹介

1950、60年代、北門郷は土壌の塩分濃度が高く、飲用水が手に入りにくかったため、住民は井戸を掘って水を得ていました。しかし、長期にわたり重金属の含まれた地下水を飲用したことから、烏脚病(烏腳病)が蔓延しました。足先から黒く腐敗し、やがて脚全体に広がる病気で、当時の治療方法は脚を切断するしかありませんでした。昔の田舎の医学情報は少なく、原因は祟りだと考えられていました。1960年、医学界や教会の支援により、ようやく無料の診療所が「金河診所」内に設置されました。王金河医師は痛みを訴える患者を無料で治療し、数十年後、鳥脚病はなくなりました。当時この村を救った人々への感謝の思いから建てられたのがこの記念館です。かつて診療所の後方にあった病室は、真っ白な外観から、「小白宮」(小さなホワイトハウス)と呼ばれています。

観光スポット情報

電話 +886-6-7862012

アドレス 台湾台南市北門区

カテゴリー 地元のギャラリー

メール blackfoot.tw@gmail.com

営業時間 日曜日:10:00 – 16:00
月曜日:店休
火曜日:店休
水曜日:店休
木曜日:10:00 – 16:00
金曜日:10:00 – 16:00
土曜日:10:00 – 16:00

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)