メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

学甲慈済宮

日曜日:06:00 – 21:30

4.5

更新しました:2021-03-04

893

紹介

1661年に建立され、主神に保生大帝を祀る、学甲区最大の廟で、学甲地区の信仰の中心にもなっています。学甲市場の近くまで行くと壮観な慈済宮の牌楼が見えるでしょう。廟に祀られている主神像は、当年、鄭成功の部将陳一桂が海を渡る際に漳州の白礁村から携えてきたものです。この保生大帝神像は漳州白礁慈済宮が宋の時代に建てられた当初の三体の神像のうちの一つと言われていて、非常に貴重です。 毎年旧暦3月11日には学甲区でもっとも重要な上白礁謁祖祭典が行われます。将軍渓のほとりにある白礁亭で、遠く福建の祖廟、白礁慈済宮に向けて行われる儀式で、台南の重要な文化財になっています。このほか、慈済宮には、葉王交趾陶文化館もあります。台湾の有名な交趾陶芸師の葉王が1860〜1862 年にかけて慈済宮を修繕したため、200点あまりの葉王の交趾陶作品が所蔵されており、一見の価値があります。

観光スポット情報

電話 +886-6-7836110

アドレス 台湾台南市學甲区

カテゴリー 史跡、宗教的な寺院、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:06:00 – 21:30
月曜日:06:00 – 21:30
火曜日:06:00 – 21:30
水曜日:06:00 – 21:30
木曜日:06:00 – 21:30
金曜日:06:00 – 21:30
土曜日:06:00 – 21:30

公式サイト 公式サイト

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)