メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

新化武德殿

土曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00

4.1

更新しました:2021-03-04

1519

紹介

新化武德殿は1925〜1928年の間に建てられ、日本統治時代には剣道や柔道の練習場として使われました。改修後は、新化老街、新化街役場、楊逵文学館(楊逵文學館)、そして新たにリニューアルされた大目降文化園区(大目降文化園區)と合わせて、有意義な文化エリアを形成しています。 武德殿の床は、ばねを使った特殊な建築様式で、台湾ではここでしか見られないため、世界各国の建築家が参観に訪れています。広々とした室内では、さまざまな展覧会が開催されています。また、武德の精神も失われておらず、剣道教室がここで開かれています。武德殿前の大広場と合わせ、にぎやかで歴史的価値のある新化の人気スポットです。

Instagram @tainantravels

台南市には台南武徳殿以外は新化武徳殿という場所もあります。両方とも日本統治時代に日本の伝統武道を広めるため建てられ武道館です。日本...
本区の写真と文章はすべてInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。

観光スポット情報

電話 +886-6-2213597

アドレス 台湾台南市新化区

カテゴリー 史跡、地元のギャラリー

営業時間 日曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00
月曜日:店休
火曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00
水曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00
木曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00
金曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00
土曜日:09:00 – 12:00、13:30 – 17:00

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)