メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

鹿耳門鎮門宮

4.2

更新しました:2021-03-04

862

紹介

鎮門宮は鹿耳門渓のそばにある小さな廟です。外観は明朝の建築様式を模してあり、正面には府城天険(府城天險)の石碑があります。台湾の開祖、鄭成功を祀る廟で、鹿耳門天后宮ほど有名ではありませんが、台湾唯一の特色があります。それは「裸足の西洋の門神」です。なぜ、西洋の門神なのかというと、絵師の林中信のアイデアで、鄭成功はオランダ人に勝ったのだから、オランダ人に仕えさせるべきだと考えたからだそうです。彼のイメージでは、オランダ人は戦いに敗れ、脱げた靴を履く暇もなく逃げていったので、裸足の門神が描かれているのです。 オランダ人の門神の靴については、興味深い話があります。門神が信徒の夢に現れ、靴がないと寒い上、賊を捕まえるのも大変だと訴えたそうです。そこで廟では、2003年に門神祭を催し、紙を折って作った靴を燃やし、オランダ門神に供えました。この祭事が報道されると、台湾中から反響があり、多くの信徒がさまざまな靴を門神に贈りました。廟では、ポエ占い(擲茭)の方法で門神にどの靴が良いかを尋ね、選ばれた三足の靴が、廟に飾られています。 鎮門宮二階には、鄭成功の母、翁太夫人が祀られています。両側には二人のオランダ門神が仕え、「耳順」「鹿風」と名付けられています。彼らには市長から名誉市民証書も贈られています。これも全国初の事例です。

観光スポット情報

電話 +886-6-2841162

アドレス 台湾台南市安南区

カテゴリー 宗教的な寺院、地元の芸術文化

メール s1368123@yahoo.com.tw

営業時間 入場無料

公式サイト 公式サイト

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)