メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

安平小砲台

旅行者の評価:3.5 15 件の口コミ

月曜日:24時間昼夜営業

4

更新しました:2018-12-13

853

紹介

1840年(清の道光20年)のアヘン戦争時に、当時台湾の清軍がイギリス軍からの攻撃を防ぐ海防施設として建てました。砲台は主体と護城石堤から成り、護城石堤は南北に延びています。砲台主体は水池公園のそばにあり、花崗石を積み上げて造られています。北側の石堤は珊瑚石、三和土でできています。砲門が残されており、水を防ぐ柵も設置されていて、直轄市定古跡になっています。現在台湾で保存されているもっとも完全な清代早期の中国式砲台で、億載金城の西洋式の近代的な砲台とは異なります。 この場所はかつて安平海岸の重要な海防施設でしたが、後に台江內海に土砂が堆積したことで、その機能を失いました。堂々たる砲台は、この場所で時代の移り変わりを見守ってきました。旅行者にとっても、当時に思いを馳せるもってこいの場所でしょう。

観光スポット情報

電話 +886-6-2290313

アドレス 台湾台南市安平区

カテゴリー 史跡、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

交通情報

Review

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:3.5 15 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 8 普通
  4. 5 良い
  5. 0 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 2 ファミリー
  2. 2 カップル・恋人
  3. 6 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 3 友達
  • Road807593

    東京23区, 東京都

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    大砲が並んでいました

    旅行者の評価:3 2019-07

    安平のやや北にありました。普通に路沿いに大砲が置いてありました。 保存状態もまあまあいい感じでした。200年以上も前と書いてありましたが、ホントかな?
  • enokitoshi

    名古屋市, 愛知県

    当時ここまで海とは

    旅行者の評価:4 2018-06

    安平地区は台南のルーツで面白い。歴史を知るとともにこの地区の立地が分かり満足。ここは海に面した城壁のある砲台。 保塁→小砲台→樹屋→延平老街で半日のルートで散策し、88バスで台南駅に戻る。
  • Daydream809717

    東京

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    1804年のアヘン戦争のころつくられた。入場無料だった。

    旅行者の評価:3 2018-04

    説明板には「1804年の第一次アヘン戦争で、台湾防衛のために作られた砲台」とあった。オランダ人が城をつくったというのが始まりの安平。その中心道路の安平路の西寄り突き当りの角にある。この一角は古いレンガ塀で途切れ途切れに囲われているが、入場門はなく、24時間いつでも無料で入ることができた。
  • Tomonori A

    座間市, 神奈川県

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    ちょっとした砲台が残っております

    旅行者の評価:4 2017-01

    ちょっとした砲台が残っております。どちらかといえばこの場所はオランダ時代頃に造られており、立派な砲台でした。
  • tactak

    東京23区, 東京都

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    何気なく置かれてる

    旅行者の評価:3 2016-01

    主な見所と道を挟んだところにキレイにされて公園のようなところに何気なく置かれてますので、無料で見ることが出来ます。

1-15 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台南市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)