メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧英商德記洋行

木曜日:08:30 – 17:30

4.4

更新しました:2021-03-04

2505

紹介

安平樹屋のそばにある白い洋風の建物が英商德記洋行です。イギリスの貿易商、德記洋行が安平の開港後、台南安平港に設立した拠点で、当時の五大貿易商に数えられていました。まだ港の通行が可能だった頃、德記洋行は主に砂糖、樟脳、茶葉を輸出し、アヘンを輸入していました。繁栄期の重要な商業拠点でした。現在、德記洋行はすでに商業機能を失い、台湾開拓史料蝋人形館(台灣開拓史料蠟像館)になっていて、蝋人形で台湾の昔の生活を紹介しています。台湾開拓史料蝋人形館では、2001年に「時空走廊」(タイムトンネル)をコンセプトにした展示空間が設置され、德記洋行の歴史、成長の軌跡を詳しく紹介する展示が行われています。

観光スポット情報

電話 +886-6-3913901

アドレス 台湾台南市安平区

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 日曜日:08:30 – 17:30
月曜日:08:30 – 17:30
火曜日:08:30 – 17:30
水曜日:08:30 – 17:30
木曜日:08:30 – 17:30
金曜日:08:30 – 17:30
土曜日:08:30 – 17:30

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)