メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

安平蚵灰窯文化館

日曜日:08:30 – 17:30

3.9

更新しました:2021-03-04

1727

紹介

蚵灰窯は昔、安平地区の重要な建材製造の施設でした。現在、台湾に現存する唯一の牡蠣殻灰の窯です。17世紀から牡蠣殻灰は海で生計を立てる安平の人々になくてはならない造船材料の一つでした。その後、砂糖水や、もち米を煮た上澄み汁を加えて、れんがをつなぎ合わせるのに使用されました。蚵灰窯に入ると、アイギョクシの蔓に覆われた赤れんがの壁が見えます。直径約4メートル、高さ約2メートルの非常に大きな窯で、壁は一番薄い部分でも約1メートルの厚みがあります。一見の価値がある焼窯建築です。 文化館では牡蠣の成長過程や生態、牡蠣殻灰の作り方、使い方が紹介されており、当時の技術を詳しく知ることができます。

観光スポット情報

電話 +886-6-2286836

アドレス 台湾台南市安平区

カテゴリー 史跡、地元のギャラリー、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:08:30 – 17:30
月曜日:店休
火曜日:08:30 – 17:30
水曜日:08:30 – 17:30
木曜日:08:30 – 17:30
金曜日:08:30 – 17:30
土曜日:08:30 – 17:30

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)