メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

台湾府城巽方砲台 (巽方靖鎮)

旅行者の評価:2.5 2 件の口コミ

土曜日:24時間昼夜営業

3.5

更新しました:2018-12-13

672

紹介

巽方砲台は住宅地の中にあり、台南に昔から住んでいる人でも知らないこともある、神秘的な存在です。台南で唯一現存する内陸の砲台で、大東門城の東南に位置しています。その位置が八卦の巽にあたることから名付けられました。砲台は1836年に建てられたもので、サンゴ石を用いています。砲台上部には道光帝時代に刻まれた「巽方靖鎮」の文字があります。 この神秘的な砲台へ行くには、光華街の修禅院へ行きましょう。砲台は修禅院の庭にあります。外観は完全な形で保存されています。砲台に上がって見渡すこともできますよ。威風堂々と府城を守っていた当時の砲台に思いを馳せてみましょう。

観光スポット情報

電話 +886-6-2991111

アドレス 台湾台南市東区

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

交通情報

Review

トリップアドバイザー 口コミ

旅行者の評価:2.5 2 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 1 悪い
  3. 1 普通
  4. 0 良い
  5. 0 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 0 カップル・恋人
  3. 2 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 0 友達
  • aitainan2015

    toukyou

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    わざわざ行くことはないと思います。台南の三級古跡ですが整備されていません。扁額も修禅院になっているので砲台らしくありません。

    旅行者の評価:2 2015-01

    住所が光華街8號でピンの位置より林森路一段側です。位置は林森路と長榮路の三角公園の裏側です。もともと少し北西側にある有名な大東門(迎春門)の外側・巽の方角(八卦の東南の方角)に造られた砲台ですが荒れ果てていたのを修禅院が買い取り所有しています。朝に三角公園で運動するか、林森路一段側の農会超市(農協スーパー)で買い物して光華街迷い込むことがあれば見ることが出来ます。勿論迎春門から東門路を東に向かい右折し長榮路一段側に歩いて光華街に入って行けば見ることが出来ます。台湾の珊瑚や牡蠣殻、岩などを石灰で固めたコンクリに興味のある方は面白いかもしれませんが、それ以外の方にはお勧めできません。
  • KangKang

    Hsinchu

    旅行者のタイプ:

    나홀로 여행

    隱身於修禪院的市定古蹟內陸砲台

    旅行者の評価:3 2018-09

    巽方砲台為台南市的市定古蹟,長期隱身於修禪院內,也因如此砲台建築本身還維持得不錯,可看出是以珊瑚礁為建材砌成,中間門額有自清朝時期留下依舊清晰可見的刻字"巽方靖鎮"字樣,只不過長期在修禪院內,砲台外牆上多了許多佛家語錄,有些突兀。可經由樓梯到砲台上方看看。

1-2 件の口コミ

この口コミ情報は台南市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)