メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧台南県知事官邸

金曜日:10:00 – 22:00

4

更新しました:2021-03-04

2974

紹介

旧台南県知事官邸(原臺南縣知事官邸)は、1900年に建てられました。台南の人々には「時鐘樓」(時計台)と呼ばれています。もとは屋根の妻側に時計に似た模様があったことから名付けられました。県知事官邸のほか、もう一つの重要な用途は、日本の皇族が外出する際の「御泊所」でした。台湾の歴史において、この建物は南台湾で唯一皇族の居住のために設計された接待所です。1941年まで、20名近い日本の皇族がここを訪れました。総督官邸でもある台北賓館と比べても多く、この建物が日本統治時代の台湾において重要な役割を果たしていたことがわかります。1923年には裕仁皇太子(後の昭和天皇)が台南を訪れた際、ここに宿伯しました。皇太子の来訪に備え官邸左側には特別に新しく木造の部屋が建てられたほか、右側には二つのテニスコートがあり、皇太子が体を動かせるようになっていました。現在テニス場はなくなってしまいましたが、当時皇族の巡視が重視され丁重にもてなされたことが見て取れます。

観光スポット情報

電話 +886-6-2097000

アドレス 台湾台南市東区

カテゴリー 史跡、地元の芸術文化、バリアフリー施設

メール serviceotmr@gmail.com

営業時間 日曜日:10:00 – 22:00
月曜日:10:00 – 22:00
火曜日:10:00 – 22:00
水曜日:10:00 – 22:00
木曜日:10:00 – 22:00
金曜日:10:00 – 22:00
土曜日:10:00 – 22:00

公式サイト 公式サイト

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)