メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧台南庁長官邸

土曜日:09:00 – 17:00

4.3

更新しました:2021-03-04

774

紹介

日本統治時代の1898年から1906年の間に台南庁長官邸として建てられました。後に內務省官長宿舍になり、第二次世界大戦後は政府高官官邸として使われ、私服警官が警護に当たりました。さらに後には、台南一中教職員宿舍になりました。維持管理が十分でなく、建物は荒廃していましたが、2017年9月に修復され、新しい命を吹き込まれました。現在は台南市長が外賓をもてなす迎賓館になっています。 建築様式は、明治時代に流行した「和洋二館」構成です。北棟は西洋建築の洋館で、修復後の状態は良好。内装や家具はクラシカルで優雅な雰囲気です。南棟は日本式建築の和館です。しかし、長年放置されていたため、現在は基礎と床の柄タイルが残されているだけです。2017年9月14日に修復後、初めて一般開放されると、多くの人が参観に訪れました。

観光スポット情報

電話 +886-6-2213597

アドレス 台湾台南市東区

カテゴリー 史跡、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:09:00 – 17:00
月曜日:店休
火曜日:店休
水曜日:店休
木曜日:店休
金曜日:09:00 – 17:00
土曜日:09:00 – 17:00

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き) IE11(新しいウィンドウが開き) Chrome(新しいウィンドウが開き) Safari(新しいウィンドウが開き)