メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

西羅殿

木曜日:06:00 – 20:00

4.4

更新しました:2021-03-04

1337

紹介

「台湾首廟」の名を持つ西羅殿は、五條港区域にある歴史上重要な廟です。清朝康熙年間の1718年、郭一族によって建てられました。広沢尊王を祀り、聖王公廟とも呼ばれます。歴史ある廟で、今でも多くの参拝者が訪れています。殿には数多くの貴重な扁額が残されており、咸豊帝の「恩祐全台」、光緒帝と蒋経国がそれぞれ贈った「保安天下」など、どれも貴重な宝です。 西羅殿では百年以上の歴史がある古礼が継承されており、三年に一度、安平恭迎太王(広沢尊王)と恩媽(妙応仙妃)の駐駕祭典が催されます。林默娘公園近くの安平港支水路に神輿を担いだまま入ったり出たりを繰り返し、海を渡って台湾へ来た神の威光を示します。

Instagram @tainantravels

神農街及西羅殿燈會超好拍由南臺科大USR神農街團隊串連地方廟宇與國小,共同辦理神農街元宵花燈展,而西羅殿今年也高掛900盞冬瓜燈一...
本区の写真と文章はすべてInstagramから引用しており、写真と文章の著作権は原作者に属します。

観光スポット情報

電話 +886-6-2285354

ファックス +886-6-2203289

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 宗教的な寺院、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:06:00 – 20:00
月曜日:06:00 – 20:00
火曜日:06:00 – 20:00
水曜日:06:00 – 20:00
木曜日:06:00 – 20:00
金曜日:06:00 – 20:00
土曜日:06:00 – 20:00

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)