メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

湯德章紀念公園

日曜日:24時間昼夜営業

4.1

更新しました:2021-03-04

1049

紹介

日本統治時代には、ヨーロッパ建築の影響を受け、都市開発や道路計画の際にロータリーが多く取り入れられました。湯德章紀念公園もロータリーを採用しています。当時は台南市政の中枢で、台南州庁、合同庁舎などの重要な公共機関はすべてここに集まっていました。 当時、公園の中央には、台湾総督、児玉源太郎の銅像が置かれていたため「児玉公園」と呼ばれていました。第二次世界大戦後は、国父、孫文の銅像に入れ替えられ、「民生緑園」と改称されました。1998年には、二二八事件の際にここで処刑された弁護士の湯德章氏を記念し、湯德章紀念公園と名付けられました。 公園周辺は台南市の古跡が特に密集している地域で、台南観光の魅力がぎっしり詰まっています。毎年クリスマスの時期になると、大勢の人が台湾文学館の巨大クリスマスツリーや周辺のイルミネーションを見に足を運んでいます。歴史的意義があるだけでなく、台南の人々にとって、共通の思い出の場所になっています。

観光スポット情報

電話 +886-6-2267151

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 日曜日:24時間昼夜営業
月曜日:24時間昼夜営業
火曜日:24時間昼夜営業
水曜日:24時間昼夜営業
木曜日:24時間昼夜営業
金曜日:24時間昼夜営業
土曜日:24時間昼夜営業

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)