メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧台南測候所(中央気象局台湾南区気象センター)

水曜日:09:00 – 17:00

4.4

更新しました:2022-12-05

2310

紹介

旧台南測候所(原台南測候所)は、台南の人々にとって、重要な位置を占めています。測候所があるのは、当時の台南市の中心で最高地点だった標高14メートルの鷲嶺です。建物の外観から、昔は「胡椒缶」の名で親しまれました。18等分の放射状に広がる特殊な屋根があるため「18角楼」とも呼ばれます。旧台南測候所は気象局南区気象センターの前方に位置しており、二棟の現代的なビルの中で非常に目立っています。よく見ると、建物は三つの同心円が重なってできていることに気付くでしょう。一番内側にあるのは白い円塔で、中には各種気象観測設備が置かれています。中間の円は、通路になっていて、外側の円は事務室です。ユニークな外観で、思わずじっくり見てしまうに違いありません。 気象博物館では、毎年3〜4月になるとモモイロノウゼン(紅花風鈴木)の花が見頃を迎え、多くの花見客が訪れます。ピンク色の花と気象博物館が、向かい側にある太平境教会と映え合い、多くの人が足を止めて見入っています。また、夜桜のような艶かしさがただよう夜のモモイロノウゼンも見逃せません。

観光スポット情報

電話 +886-6-3459218

ファックス +886-6-3459236

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 史跡、エコツアー、地元の芸術文化

メール rmcstweb@cwb.gov.tw

営業時間 日曜日:店休
月曜日:09:00 – 17:00
火曜日:09:00 – 17:00
水曜日:09:00 – 17:00
木曜日:09:00 – 17:00
金曜日:09:00 – 17:00
土曜日:店休

公式サイト 公式サイト

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)