メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

祀典大天后宮(明寧靖王府邸)

火曜日:06:00 – 21:00

4.6

更新しました:2022-12-05

3556

紹介

通称、大媽祖宮と呼ばれ、もとは寧靖王、朱術桂の邸でした。1683年、施琅率いる軍が海を渡って台湾に上陸し鄭克塽を打ち破りました。その後、民心を得るため、靖寧王府を天妃宮として建て直し、媽祖を祀りました。後に天后の名を加え「大天后宮」としたのが廟名の由来です。台湾で初めて政府によって建立された媽祖廟でもあります。大殿內には金色の巨大な媽祖像が祀られています。今にも動き出しそうな千里眼と順風耳が両側で貫禄を見せています。後殿には月下老人が祀られていて、独身の男性や女性がよく参拝に訪れ、紅い粉と赤い糸を持ち良縁を祈っています。参拝後、伴侶に巡り会えたという人は数多く、海を渡って良縁祈願に来た日本人も願いが成就したそうで、府城大天后宮の新しい伝説になっています。

観光スポット情報

電話 +886-6-2211178

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 宗教的な寺院、地元の芸術文化

メール tainanmazu@yahoo.com.tw

営業時間 日曜日:06:00 – 21:00
月曜日:06:00 – 21:00
火曜日:06:00 – 21:00
水曜日:06:00 – 21:00
木曜日:06:00 – 21:00
金曜日:06:00 – 21:00
土曜日:06:00 – 21:00

公式サイト 公式サイト

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)