メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

旧台南合同庁舎(消防史料館)

金曜日:09:00 – 18:00

4.4

更新しました:2021-03-04

2521

紹介

湯德章紀念公園のロータリーを過ぎると、高い塔がそびえる建物に目がいくことでしょう。これは日本統治時代に建てられた合同庁舎です。塔は1930年の落成時には「火見楼」と呼ばれ、当時の台南市では最も高い建築物でした。当時はほとんどが木造家屋だった市内において、いつでも市内の火災発生を監視することができるという非常に重要な役割がありました。消防隊の建物の中には、現在台湾最古の滑り棒が残されています。消防士たちは両手と両足でこの滑り棒を挟み3階から1階までをわずか3秒で滑り降ります。消防署の重要な器具です。
庁舎右側はかつて派出所、警察局女警隊、警察局少年隊が使用していました。市政府消防局は改修計画により消防史料館となり、消防隊の沿革、消防関係の資料や写真、救護活動の様子、消防ヒーローなどが展示されているほか、大地震やVRによる地震救助活動が体験できます。

観光スポット情報

電話 +886-6-2975119#2202

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 史跡、地元のギャラリー、地元の芸術文化

営業時間 日曜日:09:00 – 18:00
月曜日:店休
火曜日:09:00 – 18:00
水曜日:09:00 – 18:00
木曜日:09:00 – 18:00
金曜日:09:00 – 18:00
土曜日:09:00 – 18:00

関連リンク Facebookのファングループ

交通情報

周辺の観光スポット

Top
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)