メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
::: アンカーポイント

国立台南大学紅楼(旧台南師範学校本館)

0

更新しました:2021-03-04

2164

紹介

国立台南大学の校門を入ると、ひときわ目を引く赤い建物があります。1922年に建てられた旧台南師範学校本館で、当時は「台湾総督府台南師範学校」と呼ばれました。第二次世界大戦時の1945年に空襲に遭い、屋根がほぼ全壊、1947年に修復されました。十字を二つ繋げた双十字型の建物は、赤レンガを主建材に使用しており、「紅楼」とも呼ばれます。本館前方にある一本のリュウキュウマツは、1923年に当時皇太子だった裕仁親王(昭和天皇)が植えられたものだと伝えられています。紅楼と合わせて、台南大学の精神の象徴になっています。毎年6、7月には、紅楼のナンバンサイカチの花が見頃を迎えます。黄色い花の滝と赤いレンガが互いに映え合う景観は見事で、訪れるには絶好の時期です。

観光スポット情報

電話 +886-6-2133111

アドレス 台湾台南市中西区

カテゴリー 地元の芸術文化

営業時間 入場無料、通年開放

交通情報

周辺の観光スポット

ページの先頭に戻る
このブラウザのバージョンはサポートされていません。 Firefox(新しいウィンドウが開き)IE11(新しいウィンドウが開き)Chrome(新しいウィンドウが開き)Safari(新しいウィンドウが開き)