Go to the main content section Anchor
::: Anchor

Official Reception Stone Arch(接官亭)

Traveler rating:3.5 5 Reviews

Monday:Open 24 hours a day

4.1

Updated:2018-12-13

324

Introduce

Due to the Taiwan Strait separating Taiwan from Mainland China, in times past, communication and dealings between the two places was somewhat difficult. When officials were sent to various parts of Taiwan to take up new posts, they would first head for to Xiamen (廈門) before transferring to boat for their passage over water. After passing through the stormy seas and rough waves they would arrive at Luermen Harbor (鹿耳門), from where they would change boats once again to cross the river into Tainan. After a long and difficult trek, the exhausted officials would finally find themselves in their home away from home; alternatively other officials would wait here to start their journey back to the mainland with a sense of wistfulness or reluctance. Within this context, there a number of places nearby where officials were welcomed or bid farewell to: the Official Reception Stone Arch (接官亭), which was used during Qing times by civil and military officials. The Official Reception Stone Arch in front of the God of Wind (Feng Shen) Temple (風神廟) is of a granite construction, and the front and rear have gorgeous carved reliefs of legendary giant fish and mythical sea turtles which are worth a look.

Information

TEL +886-6-2277540

Address West Central Dist., Tainan City Taiwán, R.O.C

Category Historic Sites、Culture

Opening Hours Free entry Monday to Sunday Open all day long

Traffic

Review

TripAdvisor Reviews

Traveler rating:3.5 5 Reviews Write a Review

Traveler rating

  1. 0 Terrible
  2. 0 Poor
  3. 2 Average
  4. 3 Very good
  5. 0 Excellent

Traveler type

  1. 0 Families
  2. 0 Couples
  3. 3 Solo
  4. 0 Business
  5. 2 Friends
  • hide2004

    札幌市, 北海道

    Traveler type:

    一人旅

    石門

    Traveler rating:3 2017-11

    2017年11月に台南を旅行した際に行きました。 ノスタルジックな神農街から少し離れた場所にある石門です。この一画には、風神廟、西羅殿と小さいですが歴史のある廟が集まっています。 私が行った時は、風神廟が工事中で、一時的に接官亭の脇に風神廟あ移設されていました。
  • Getaway810753

    Traveler type:

    나홀로 여행

    一個牌樓古蹟

    Traveler rating:4 2018-03

    接官亭位於西羅殿和風神廟的旁邊。建於清朝乾隆年間。古時大陸官員來往鹿耳門接由此進出,因而得名。在美濃地震前保存有一座石坊、石造鐘樓和石造鼓樓。目前也在整修中。
  • shen0630

    Traveler type:

    친구 동반 여행

    清朝來臺上任官員下船地

    Traveler rating:4 2017-01

    清朝早期來臺南府履新上任,由此登岸,地方官員在此接引。後方為風神廟,祭拜風神,雷神及電母。鐘樓在2016/02/06地震震倒待整修,主殿安好,夜晚燈光美。
  • MMMMOK

    兵庫県

    Traveler type:

    一人旅

    "風神廟" 目の前

    Traveler rating:3 2016-05

    "風神廟"を目指して訪問しました。その廟に前にファサード風の構造物があり、その前ではイベント開催の準備が進められていました。てっきり"風神廟"一角の施設だと思っていましたが、実際には"接官亭"となっていました。夜にはライトアップもされるようですが、日中なら"風神廟"と合わせて見学するのが良さそうです。
  • aitainan2015

    toukyou

    Traveler type:

    友達との旅行

    台南の接官亭の石坊は風神廟の前の広場に立っている門のことです。手水屋のような二つの石造の建物が鐘楼と鼓楼です。接官亭の関連施設で残っているのはそれだけと聞いております。

    Traveler rating:4 2014-12

    清朝時代に大陸から來る官僚の送迎をする場所が接官亭です。当時台南は台湾の中心都市だったのでこの接官亭の石坊(門)は台湾では最高の作品と言われているそうです。現存する鐘楼、鼓楼も含めて石材は福建から運んだそうです。友人の説明では当時は重い石は船の底の吊るして苦労して運んだそうです。そんな由緒ある接官亭ですが近くにあるはずの大門や迎賓館のような施設が無く、石坊・鐘楼・鼓楼が風神廟の一部の如く物言わぬまま残っています。風神廟に立ち寄った際は是非案内坂などでご確認下さい。実は私はライトアップされている時間(6時半から9時)に行ったので友人に説明されなければ接官亭のことは知らなかったと思います。まるで徒然草の石清水八幡宮のような話になるところでした。当時は船(大型船で鹿耳門まで来て、小型の船に乗り換えて)が目の前まで来ていたと思うと時の流れを感じます。接官亭、官僚になったつもりで石の門をくぐってみて下さい。

1-5 Reviews

This review is the subjective opinion of a TripAdvisor member and not of Tainan City Government and TripAdvisor LLC.

Nearby Attractions

Top
This browser version isn’t supported. Firefox(Open new window) IE11(Open new window) Chrome(Open new window) Safari(Open new window)